ウェブ制作を行うための三つのアプローチ方法

ウェブ制作を行うための三つのアプローチ方法

オンラインツールを使って作成する

ウェブ制作をこれから行う場合、三つのやり方が考えられます。まず一つ目はオンラインツールを使うやり方です。代表的なものはレンタルブログで、アカウントを取得してブログを開設すれば、あとは管理画面から記事を書き込むだけで自分のサイトを立ち上げることができます。写真をアップロードするのもやはり管理画面から簡単に行えるので、ウェブ制作をできるだけ簡単に行いたい人にもっとも向いている手段といえるでしょう。

サーバーを借りツールをインストールして作成する

二つ目は自分でレンタルサーバーを借りて、ブログなどのツールをインストールし、サイトを構築していくやり方です。サイトの作り方自体はレンタルブログとほぼ同じく、管理画面から記事を投稿したり、画像をアップロードするだけで済みますが、サーバーの設定を行ったり、ブログをインストールしなければならないのでレンタルブログを使うよりは難易度が高いといえます。ただ、レンタルブログと違って自由度が高く、自分で選んだ広告を貼ったりできますし、またブログのプラグインを自由にインストールできるのも魅力です。

HTMLを自分で書いて作っていく

三つ目はワープロソフトなどを用いてHTMLを書いていくというやり方です。ブログを使ってウェブ制作する場合は基本的に文章だけ書けば済みますが、HTMLを書いてサイトを作っていくやり方だとサイトのデザインなどすべてを自分で設計していかなければなりません。また、PCとスマホの両方に対応するサイトにしたいというのであればスタイルシートも書く必要があります。その分、難易度はとても高いですがオリジナリティを発揮したいなら一番いい方法といえるでしょう。

コーディングは、長時間にわたってコードを書いてゆく集中力や間違いを根気強く探す粘り強さが必要不可欠な作業です。