マーケティングオートメーションとは何?導入のメリットとデメリット

マーケティングオートメーションとは何?導入のメリットとデメリット

そもそもマーケティングオートメーションとは何か

例えばメールの定型文を人が作成して人が送信するというシステムを採用している場合、送信先が多いと膨大な人件費と時間を浪費することになります。人件費と時間を浪費するだけでなく、ビジネスとしての効率も悪いと言えます。そこで役立つのがマーケティングオートメーションです。マーケティングオートメーションは人が行っていた作業の自動化を図れるシステムの1つになります。例で挙げた定型文の一斉送信もマーケティングオートメーションを導入すれば、自動で行ってもらえるので人件費の削減や時間の短縮になるでしょう。また人が作業を行うには複雑すぎて時間がかかってしまうものも、マーケティングオートメーションを導入すれば機械に複雑な作業を任せることができます。

どんなメリットとデメリットがあるのか

マーケティングオートメーションのメリットの1つがヒューマンエラーを減らせることです。人が文章を書いて人がメールを送るというシステムを使っている場合、人は文章の入力を間違えるケースが考えられます。送信先を間違えることもあるため、無駄な作業を増やしてしまうというデメリットがあります。マーケティングオートメーションを利用すれば、このような人が起こしやすいミスを避けることができます。マーケティングオートメーションは人ができないような高度な分析ができるのも魅力的なポイントだと言えます。しかし、マーケティングオートメーションは利用頻度に関わらず継続的なコストがかかるのがデメリットです。毎月支払う金額が決まっているので、利用頻度が低いと無駄にお金を支払ってしまうことも考えられます。

マーケティングオートメーションは、年齢や性別、行動パターンが様々な顧客の動向を把握したり、新商品を売り出したりする際に活用できます。